柔らかすぎ

柔道の師範が前に
最近の柔道の国際試合は
どれもかけ逃げ重視の判定勝負で
格闘技として成立してないと言っていた。

それは10年くらい前のことで
当時はぴんとこなかったけど
今回のオリンピックはさすがに思うわ。

まず組み手をほどくことから入って、
掴んだら技にはいかずゆさぶりだけ。
自分の得意技だけ連続して
審判からもらう有効だけで勝とうとしてる。


審判団もひどい。
ていうか今回は特に審判がどれもひどい。
日本への風当たりが強すぎ。
バックステップ踏んでる外人は黙認で
1回の防御姿勢で指導って、
バカか。
体が返っても技が認められないって
じゃあ技ってなんだよ。

そろそろ王国日本の牙城を崩したいんだろうが
これはもう柔道じゃないね。
剣道がオリンピック入りを目指さないのは
スポーツ化することで
こういうルールの迷走を招いて
武道であることが薄れるのを危惧してるって聞くが
正解だと思うわ。




コメント

 
ですね
今季はとくに審判のひどさが際立ちます
帯にもまったく注意しないし
あと外国選手の抱きつき技もどうも柔道らしくないというか
> ですね
> 今季はとくに審判のひどさが際立ちます
> 帯にもまったく注意しないし
> あと外国選手の抱きつき技もどうも柔道らしくないというか

あの帯を外すのはどうにかしたほうがいいですね。
30秒以上外れ続けたら指導とか。
抱きつき技はルール上はありなんで
これに文句をいうのは
野球のバントを責めるようなものですが、
柔道はもともと相手が武器持ってても
大丈夫な距離から攻撃をしかけるのが基本なのに
自分からナイフに刺さりにいくような戦術は
見ていてイマイチです。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 雨が降っても空を見る All Rights Reserved.