fc2ブログ

プチギレ

今日ちょっと腹の立つことがあったんでそれについて。

喫茶店で休んでたら、近くの席に座ったおっさんが
「こんなときだってのに自衛隊が役立たずだから復興がはじまらない」
とか言ってたんですよ。

まあバカそうな顔してたし、このおっさんがどう思っても勝手です。
ただこれを読んでる中に、
1人でも同じ勘違いをしてる方がいたら困るので言っておきますね。

自衛隊は役立たずじゃありません。

それどころか、いま日本で一番働いてる人たちです。
なんか地震の最初ごろ様子見だけしてその後姿を現さない首相より、
もらった原稿を読んでるだけで人気をあげてる官房長官より
一番きつい仕事をして、そして成果をあげています。


成果についてはリアルタイムで増えてるんで
具体的な数値は各々でお調べいただければと思いますが、
これ書いてる時点で2万人以上の行方不明者を救助しています。
これだけでも勲章者の働きですよ。

そしてその「救助活動」ってのも、ひと言で言いますけど
どれだけきついかも想像してみてください。

寒い中で重い荷物を運んだり、瓦礫を片付けたり。
それだけじゃありません。
肉体よりむしろ精神にクる疲労のほうが強いと思います。

瓦礫には人間が埋まってるんです。
正直、6日も経ったいまだと生存者はかなり少なくなるでしょう。
生存者を見つけられれば良かったけど、
そうでなければ遺体を運ばなければなりません。

遺体って僕は葬式でしか見たことないんですが、
エンバーミングされた、綺麗な姿でも、
一度見ると忘れられないくらい頭に残ります。鬱になります。

それをわざわざ探さなきゃならないんです。救助活動っていうのは。
考えたくもないくらい嫌な作業です。
僕ならたぶん一日で胃に穴があきます。


また自衛隊の仕事はこれだけじゃありません。
機動隊とかも含めて、現在進行形で危険な原発内で作業しています。
電力会社や対策委員会の判断遅れで事態が悪化したのに、
その尻拭いに、原発所員と肩を並べてるんです。

原発がいまどんな状況かは説明するまでもないでしょう。
長い目でみればかなり確率で身体に影響が出るかもな放射線量の中に
飛び込んでの作業です。

イラクに給油に行ったときは、
流れ弾に当たって怪我するかも――という意見が出てましたが、
こっちのほうが確実に危険性は上です。

けど日本のためには、誰かが飛び込まなきゃならない。
その、誰でも嫌がる作業をやってくれてるんです。
自分たちの身体に異常が出ず、かつ福島を救える。
その可能性を追ってくれてるんです。



これだけがんばっている人たちを悪く言うことは許せません。
自衛隊を役立たずなんて思っているのが
日本中であのおっさん一人であることを祈ります。


ここまで読んでくださった方、
本日は僕の個人的な怒りを語る内容です。
不快にさせてしまったら申し訳ありません。

普段このブログでは、読んでて面白くない、不快になる記事は
修正、削除していますが、今回の記事は残します。


コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © 雨が降っても空を見る All Rights Reserved.