TOやりこみ 直接攻撃オンリー 4章

タクティクスオウガタクティクスオウガ
(1997/09/25)
PlayStation

商品詳細を見る



やりこみレポート 4章
 チャプター4。
 まずはデネブ姉さんの店へ。今回は女性使えないので仲間になってくれなくていいです。まずはキュアエキス99個。そしてオーブを10に足りない数分そろえる。炎と闇は3章マドュラ氷原で足りてるので、何とか金も間に合った。
・バハンナ高原
 弓と魔法で構成された敵に対し、川を挟んで肉弾系だけで対抗。予想通りかなり手こずった。いっそのこと速攻で突っ込んでくるウラムに一斉攻撃も考えたが、どうしてもクレリックの横槍で間に合わない……。
 仕方ないのでキュアエキスを信じ突っ込むことに。部隊を4・4・2にわける。中央にはカノープスと回復役のプレザンスが残り、トルネードで威圧しつつ敵をひきつける。残りは4・4でサイドに分かれて川を渡り、敵に奇襲をかける。回復ユニットが3人もいるが、ひとりずつ仕留めていくので関係ない。ウラムがカノープスに夢中になっているうちに、アーチャーは仕留めきれる。これで敵に即死力を持つユニットはいなくなり、安全に全滅させられる。

・ブリガンテス城西
 ヒーリングを使わない今回のプレイ、破魔の盾はファイアクレストを上回る防具となってくれるはずのアイテム。是非ほしいので、団員は皆殺しにする。
 水がウザいのでこちらからガンガン攻め込む。小さな足場に固まっていれば、敵は水の上からしか攻撃してこず攻撃力が落ちる。反撃だけで弱っていき、ガンガン潰していける。あとは後ろのクレリックとエクソシストを片付ければ修了。

・ヘドン山
 これまた楽勝。こちらは火属性ばかりで、敵は命中率が低いユニットばかり。魔法持ちもリーダーだけ。
 ここからはホワイトナイツとヴァイスが入るので、炎のミルディンさんに破魔の盾と火竜の剣を持たせて突っ込んでみると、敵マジで何も出来ない。槍持ちは反撃こそ受けないものの当たらない。まっすぐ進んでボコボコにしていけばいい。

・バンハムーバ神殿
 すでにこちらの能力は、敵の直接攻撃ユニットを大きく凌いでいる。怖いのは最初のシェリーのオーブだけ。
 オーブのダメージを回復させつつまっすぐ進んでいけば、順々に来た敵を順に倒していける。クレリックはウザいがゆっくり削っていけばいいだけだし。シェリーはダメージさえ与えなければ、ナイトメアしか使ってこない。
 必要はないが、天候悪化アイテムは埋もれた財宝で拾ってあるのでシェリーは逃がし、その後拗ねてるところを発見。

・ランベスの丘
 ドラゴン→弓、魔法持ち→リーダーも弓。真っ向から向かい合うタイプのマップという、シンプルゆえにかなりの難所。正直バーニシア前哨戦と舐めてただけにかなり苦戦した。
 最終的にとった作戦は、ウイングリングでみんな崖下に逃がす方法。囮としてキュアエキス、破魔の盾、オーブで固めたテラーナイト2体を置いておく。敵は2人に夢中になるので、他ユニットは放っておくことになり、さらに4,4で分かれた崖下チームは横と後ろから奇襲。ドラゴンテイマーから削っていく。
 パジョーは逃げ回るうち、崖の方へ一人で逃げていったため、テラーナイトで追いかけると弓→逃げを繰り返し、最終的に自分では登ってこれない位置に。残りを全滅させるころにはすでにキュアエキスがキレていたので怖かったが、いっきに襲い掛かって八つ裂きに。

・バーニシア城門前
 3連戦まずは腕試し。とはいえすでにこちらは充分に育っており、敵について恐れることはほとんどない。キュアエキスがきれないよう気をつけて数を減らしていけばいい。
・バーニシア城中庭
 クリア自体は楽だが、次のマップのためダメージはなるべくゼロで行きたい。敵を全滅させる作戦を取る。
 カノープスに風オーブ2個キュアエキス2個を持たせる。残る9人はウイングリングを持って右と左に分かれ進行。厄介なティアマットから減らしていく。
 バルバスは下におりてきたところでカノープスに相手させる。こちらが地面、向こうがタールに乗るようにして、正面から攻撃を受ければ、命中率は27%当たっても70ダメージ程度。恐れることはない。
 ついでなのでリムファイアー持ちのファイアストームに草を焼いてもらい、埋もれた財宝も仕入れる。至福の聖石が一個入った。
 魔法系を消し終えたら城壁上に移動。回復させつつ投石でバルバスを削る。比較的楽に終わった。
・バーニシア城城内
 思いのほか楽勝で焦った。テラー2人がくっつけば、テンプラの攻撃は正面からでも避けられないが、闇のオーブ装備でダメージは130程度。2発までなら耐えられるし、後ろからなら100%攻撃があたる。ダメージは100前後。3発あてればテンプラは逃走→バルバスに八つ当たりなので、速攻で片がつく。
 テラーピットとザパンを、ホールと階段の境に突っ込ませる。これでテンプラとカチュアはこちらの部屋に入ってくるには、かならずテラーのどちらかを打ち破らなければならない。後ろには回復役のキュアエキス持ちジュヌーンとギルダス。残るメンバーはワープしてくるテンプルナイトを順次処理していく。
 破魔持ちのミルディンをおとりにすれば、魔法を無効にできるので敵の弓や槍が全部あたっても死なない。しかも避けるし。乗り込んできたアホどもを減らしていき、テンプラさんが来る寸前で魔法のあふれを受けていたピットとザパンにキュアエキス。これでテンプラの一発にも耐えられる。
 反撃には期待してなかったが、なんとピットが60%を当てる。110のダメージ。続けてザパンが後ろからグラムロック→90のダメージ。最後はキュアエキス係のギルダスさんがイセベルクでザックリ。このあとジュヌーンも残していたが、ランスたん意外にあっけなく退散。
 非情な現実主義者であるLデニムならカチュアは諦めるべきだったかもしれない。カチュアもまた血縁という確かな絆以外を信用せず、それがないと分かったとたん父を捨て弟を捨てた冷酷な現実主義者だからだ。が、この点で女の涙ってのは最強の武器である。せっかくのナイトデニムだし、守るべきプリンセスはいたほうがいい。仲間にくわえることに。

・グリムスビーの町
 ランス楽勝でテンプルどもを侮りすぎた。準備不完全で挑んだマルティムに二度もリセット。仕方ないので落ち着いて戦力を整えることに。
 炎のオーブ2個もちのピットに相手をさせつつ、2つわけた部隊でトレジャーを落とす敵を倒していく。今回はレンドルがしっかり逃げてくれたので、敵を全滅させてからマルティムを撲殺。最後はしっかりギルダスさんに決めてもらいました。

・ニムラハバの森
 敵の攻撃はほとんどあたらず、あたってもキュアエキスで充分間に合う範囲内。グリフォン2体が殴ってきて反撃で殺してしまう心配はあるが、そのまえにガンプを削り終えて終了。全員投石の部隊は削るのもやりやすい。
 ガンプが加入。レベルが高くてまだ使えないが、貴重な水ユニットである。

・ゲッコー砦
 盾が欲しいので禁呪探索。といってもここはおそれることはない。ニンジャの弓がよく当たるが、そのまえに殴りかかってくるリーダーが勝手に死んでいく。
・バーサ神殿
 ここをクリアする意味はまったくないのだが、まあカード4枚は魅力なので挑戦。オーブを回復しつつ待って、コカトリス→アースドラゴンの順序で殴れば楽勝。

・ゲルド砦
 アンデッド軍団は本プレイ最大の山。しかも敵リーダーは、盾の力で火竜の剣の攻撃力を抜群に減らすリッチとなっている。なかなか苦戦の予感。
 敵は近づくまで動かないので、2手にわけた部隊をゆっくり近づけていく。敵が動き出した瞬間全速力でリーダーを目指し、力ずくで殴る。
・グルーザの神殿
 ミルディンを突っ込ませてオーブを使わせ、残りは下で待つ。回復しているうちにグリフォンが降りてくるのでカードに。ちょうど回収が終わったところでドラゴンが降りてくる。

・ヨルオムザ峡谷
 なんと一発目のオーブ。平均レベル26のこちらのユニットが全員回避することに成功。テンションあがるわぁ。
 後ろの高台で敵をおびき寄せ、来たところで少しずつ減らしていく。弓がないので水上のスタノスカを狙い打つことはできず、さすがに硬いが、四人で囲めば逃げられないので問題ない。そろそろヴァイスの二刀流が強力になってきた。

・ウェアラムの町
 腐りかけた果実が欲しい。ハンゾウを階段のない方へウイングリングチームでおびき寄せる。ハマれば敵はあがってこれなくなるので、その隙にカード回収、クレリックを倒す。
 あとは待っていればハンゾウが攻撃→反撃で自滅していく。

・ハイム城裏門前
 敵が動かないため、右からニンジャチームを、左からナイトチームを回していき、破魔の盾持ちのテラーを真ん中から突っ込ませる。動き出したらサイドから襲うと、敵はちょうどよく左右に分断される。HPを回復したときを見計らってリーダーを狩る。
・ハイム城南
 計算外の事態が発生。キュアエキスがあと16個しかない。次の戦闘はテラー軍団+オーブエンジェルという極悪マップで、12個持たせたいので、本マップで使えるのは4つということに。ダメージを一人に集める方法でクリアしなければならない。
 前の階段を破魔の盾持ちのテラーピットがせき止める。他は左右に分かれて、少人数でセイレーンを仕留める。リーダーが下りて来たところでウイングリングでよじ登り、狩る。……なんとかギリギリキュアエキス4つで済んだ。
・ハイム城城内
 さあ来た恐怖のテラー軍団。こいつらに対処するために、ピットとザパンを中心的に育ててきたといっても過言ではない。
 ピットとザパンを盾にして進み、あふれたやつらをNのジュヌーンやヴァイスで削る。Lのデニム、ゼノビアズは別行動でブランタに向かい、エンジェルナイトたちを散らしていく。
 光のオーブの一個くらい欲しいのでオーブもちを待ったが、4体目からブランタが全く呼び出さなくなったので諦め、軽く八つ裂きにした。
 ふぅ……。難関だと分かってるマップは最初から準備してくるんだけど、いざ来ると簡単に攻略できるから逆にあっけないな。

・マドュラ氷原
 忘れてたオクシオーヌを仲間にしに行く。まずはドラゴン軍団。
 最近ペンダントのプレイ系を使ってなかったので、炎のドラグーン軍団をプレイゾショネルで加速させる戦法でいく。敵の攻撃1%1ダメージ。こちらの攻撃100%330ダメージ(マックス)になるまで待ち、倒す。

・ベルモルーゼ台地
 怖いのはニンジャ二人だけ。ビーストテイマーたちの弓は正面からうけるため命中率が40%を切る。突っ込んでくるサイクロプスをカードにして、ニンジャを削れば、あとはゆっくりバーサーカー、ビーストテイマーと血祭りにあげていける。
 ボスのないマップは本当に楽だ今回……。

・ボーテーゲン平原
 とくに意味ないがついでなので。
 正面のニンジャたちには防御力の高いユニットを、左のグリフォンたちにはスピードの速いユニットをあてがえば、ほぼノーダメージで倒せる。

・ベルモルーゼ台地
 オクシオーヌ戦。本当ならバハムート4体をカードにしてクリアすべきだろうが、なんかもうめんどくさいのでさっさとオクシオーヌに石を投げる。キュアシードなんて半端なもの持ったばかりにバハムートたちは右往左往するばかり。オクシオーヌのセントクロスボウも当たらないし。結局ノーダメージで和解成功。

・空中庭園
 3階から登るルートで行く。
・1F 空中庭園入口
 ここで必死になってレベルを30にそろえる。バルダーソード持ちを水門でせき止めれば無抵抗で投石できるので問題はない。しっかり隠し扉も開いて終了。
・3F 拳を握り締める男
 キュアエキスは99個あるものの、できるだけダメージを避けたいこちらにすれば6分の5体の間接攻撃はウザイの一言。マップが狭いので囮も使えないし……。
 できるだけ正面を向いて攻撃を受けていき、始まってすぐのところにある下のスペースへ逃げ込む。これでウインドショットしか持たないグリフォンが突っ込んでくるのでたこ殴り、ソード持ちを残して削っていく。
・5F 黄玉の涙
 敵はたった4体。しかし魔法が最もウザイ本プレイにおいて、2体が範囲魔法を持つ点では中々の強敵。
 水路で狭く、ティアマットは挟んでも2体1でしか戦えず固い。しかたないのでジュヌーンに盾と鎧をあつめて重くして、ノックバックで突き落とすことにする。ただし時間がかかるので、もう片方は普通に殴った。
・8F 至福の夢
 全員テンプルナイトのマップ。範囲魔法がヒーリングプラスしかないので逆にありがたい。
 ウイングリングで突っ込んで一匹ずつ減らしていく。ヒーリング持ちを残してアイテムで全回復。ここまでのダメージを減らせた。
・9F 美酒の祭壇
 3ヒドラ→3カードマップ。反撃の攻撃力が中々キツいのだが、数的有利にあるので連続では受けないので問題なし。
・11F 牙を剥く獣
 狭いところで密集戦となるので攻撃を集中させ辛いうえ、敵はサンダーフレアとトルネードを密集させてくる。キュアエキスを惜しまず使い、一匹ずつ減らしていく。
 そろそろ高くなってきたのでミスは避ける。
・14F 警戒の間
 デスバハムート固い。命中率もけっこう高い。びっくり。
 とはいえ火竜の剣部隊なら水属性などカード補給ユニットみたいなもの。サクッとぶっ殺して終了。
・15F 星を眺める者
 装備の大幅変更を余儀なくされる。剣と盾と鎧を持たせて重量を重くしつつ挑戦。向かってくるゾンビどもを、空に突き落としていく。
 飛行ユニットは突き落としても飛んで戻ってくることがあるのだが、ワープ持ちのゴーストはなぜか復帰できない。疲れるが、敵はなぜか攻撃後の後退で端に行くことが多いので楽だった。
 最後は重くて確実に突き落とせないドラゴンゾンビを残し完全回復→ザパンのペニテンスで破壊して終了。
・17F 白の回廊
 数は少ないがバランスのとれた敵部隊。普通にぶつかっていけば終わる。
・18F 天と地の狭間
 実は単体だけなら本ゲーム最強の攻撃力を誇る(召喚魔法除く)アンドラスが相手。しかしここでは、ティアマット2体を倒して至福の聖石を取っておきたい。
 ティアマットを倒すにはテンプルナイトを全滅させないと危険。面倒だなぁ……。まあ敵は全体的に弱いので問題ない。
 まずはアンドラスを封じるところから。階段を通ってこちらへ来たところで、大地のオーブ2個もちのテラーナイト2人で動きを封じる。ダブルアタックとはいえ一度では死なないので、キュアエキスで回復できる。その隙にウイングリングで飛び越えた奴らが攻め込む。追いついてきたテンプルナイトのスタンスローターに3体が凍って一瞬焦ったが、落ち着いてカノープスに浄化の杖を使わせた。
 ゆっくり減らしていき、最後はアンドラスに集中攻撃。ここをクリアすれば自動的に全回復するので、HPに気を払う必要はない。

・地下墓地入口
 ウザイアンデッド軍団。死ぬ危険はまずないが、装備を入れ替えるのがはっきりいって面倒である。
 チームを3つに分けて、WTをしっかり計算しゆっくり盾で突き落としていく。ウィザードが一番鬱陶しいので、こいつだけは剣で切り潰しておく。移動力4のデスヒドラだけを残し、しっかり回復して終了。
・旧時代の遺跡
 サンシオンをゲットするのが目的のマップ。もう面倒になってきてるので、戦略も何もなく突っ込んでぶっ殺していく。
・封印の間
 計算外の事態。マルティムの一発は命中率100%で170ダメージなわけだが、なんとデニムの反撃が100%173のダメージ。まあ炎のオーブ持ってるとはいえ、レベル32でマルティム超えちゃったよ。すごいなうちのリーダーは。
 カノープスがトルネードを使っておけば、次のデニムの一発でマルティムが倒せる。慌ててニフリートソードを回収。追いついた本隊がいれば、バルバスだって敵ではない。反撃食らったヤツだけキュアエキスを使うようにして、最後はガンプが離れたところからピシッ。
・封印の間2
 さあラスボスだ。ドルガルアの恐ろしさを研究してみる。
 まず意外とSTRが低いのに、直接攻撃力がコマンド2人に匹敵しているそのDEXの高さ。つまり命中率が高い。直接攻撃してくることはあまりないが、反撃を避けることができない。
 つぎに恐怖。装備品によって三重の恐怖効果を持っている。さらにダークストーカー、ダークドラゴンも恐怖効果をもっており、Lユニットが全然働いてくれない。ただでさえ防御力が高いのにこちらの攻撃力が殺され、HP556とあって、レベル50のドラゴンにも負けない生命力だ。
 そしてオーブ攻撃。回復回数が限られている以上、これを2発やられると確実に壊滅する。速攻で片付けなければならない。
 エレメントが変化する能力もやっかいでプレイ系が使えないしオーブによるRESがあてにならず、移動力7ワープも逃げに入られると直接攻撃しかないこちらにはキツい。
 キュアエキスを出来るだけ持ち込みたいので、攻撃役は絞ることに。
 まずピット。カード集中で最強の攻撃力を持つCユニットなので外せない。ニンジャにして、ニフリートソードとアイスブレードのダブルアタックに期待する。テラーナイトでも恐怖が意味ないし、ドルガルアの反撃は闇属性だから物理への防御の弱さが関係ないしね。
 次にザパン。やっぱりCは強い。ニンジャにしてトゥルエノとロンバルディアを二刀流。
 ダブルアタックといえばヴァイス。NだけどまあSTRが高いからね。金剛刀とサンシオンの二刀流。
 そしてガンプ。補助的な役割だが、ラプチャーローズなら反撃をうけないのが大きい。
 ジュヌーンも候補だが、回避率が低すぎてニンジャにすると雑魚に殺されそうで怖い。無難にドラグーンにして盾を持たせておく。ここまで一般なのに頑張ってくれたラインハルトもドラグーンのまま。
 ゼノビア軍団はLばかりなので回復役。回避率が高いので走り回ってもなかなか死なない。キュアエキスを多めに持たせておく。とくにカノープスは、タイタニアメイルで状態異常を防ぎ浄化の杖で回復し、恐怖をうけない長距離トルネードが強い。
 デニムは攻撃しか脳がないので、ドルガルアには近寄らせない。ブリュンヒルドを持たせて雑魚を狩る仕事につかせた。ドルガルアが装備により神聖RES+35を持つため使えないと噂のブリュンヒルドだが、最強の攻撃力があるうえ神聖属性は雑魚によくきく。あなどれない。
 では攻略に移る。とにかくダークストーカーから数を減らしていく。1ターン目に右から来るやつを倒すと、ドルガルアはサモンダークネスしか使わなくなる。しかも来たのはダークアイ。チャンスだ。
 ダークストーカー、ダークドラゴンを倒していく。盾持ちが多く回避率も高いので邪眼は怖くない。ダークアイは放っておいて、キュアエキスで回復しつつドルガルアに近づいていく。
 逃げもせず呑気に使えない一つ目を呼び出すドルガルア。包囲が完了したら、ピット→ガンプ→ヴァイス→ザパンの順で攻撃。敵はもう瀕死だ。
 しかしこちらも反撃で、とくにヴァイスが死に掛けている。急いで回復。と……来ましたトニトルス。ミルディンさんが残りHP32に。
 ドルガルアは移動することなく終了。逃げられなかったのは良かったが、次の一発が来るタイミングも早いということだ。キュアエキスも残り少ないし。このターン中に片をつける必要がある。
 しかしこちらの攻撃陣、満身創痍で攻撃できない。すれば反撃で確実に死ぬ。しかたないのでギリギリ生き残るピットにすべてをかけてズシャッ。二発目を外したのは痛いが、ドルガルアHPが残り100を切った。次のダブルアタックでやれる。
 ヴァイスのターンが来るも反撃で死ぬ。ガンプでは留めにならない。仕方ないので2人を含めた全員、投石で少しでも削ることに。と――おお! 強いぞデニム! 恐怖をうけない離れた位置からの投石で27のダメージ。さすがナイト一本でやってきたうちのリーダー、攻撃力だけならジュヌーンを超えている。
 その隙にギルダスに回復させたザパンのターン。ドルガルアはすでに残りHP60。ダブルアタックにするまでもなく、トゥルエノの一発で終了。

 終わった……。かくして忠義の騎士道に生きたL・ナイト・デニム(通称漢)の旅は終わった。弓も魔法も使わず、己の腕のみで戦いぬいた男たちは、ヴァレリアに1000年の繁栄をもたらした。
 推計ではあるが使用したアイテムの数を数えてみよう。
 キュアリーフ 86個
 キュアシード 86個
 キュアペースト 100個
 キュアエキス、183個
 まとめて見て愕然とした。デネブさんを仲間にできる寸前までキュアエキスを買い込み、そのほとんどを、とくに空中庭園だけで84個も使っていた自分に愕然とした。もっといえば至福の聖石20個かき集めたのに1つも使ってない自分にもっと愕然とした。
 ヒーリングなしでも意外といけるモンなんだなぁ。改めてタクティクスオウガの奥深さを確認した思いだ。
 さあ、これでCNL全ルートでやり込みを達成したことになる。
 テラーナイトの力を信じ進んだCルート。
 ヘンなハーレム魂に目覚め裸の女性ユニットのみで挑んだNルート。
 そして今回、剣を持って戦うべき騎士の力を試してみたLルート。
 どれも辛い戦いだった。まあ全部4章あたりからとんとん拍子に進むようになってた気がするが、それにしても辛かった。
 一つ分かったのは、このゲームに必要なのはなんと言っても『人数』であるということ。ぶっちゃけ10人いれば何とでもなる。
 というわけで、次はどんなやりこみにするかな……。

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 雨が降っても空を見る All Rights Reserved.