TOやりこみ 直接攻撃オンリー

タクティクスオウガタクティクスオウガ
(1997/09/25)
PlayStation

商品詳細を見る



やりこみレポート 準備編 ○直接攻撃オンリー男部隊

・コンセプト
 残るはLルートのみということで、Lルートに適したやり込みを考えてみる。
 Lルートの特徴は、デニムは非情なまでに現実に徹したということ。LOWとは法と秩序を尊ぶもの。騎士のふたつ名と言ってよく、現にレオナール、ザエボス、白黒ランスロット、ホワイトナイツなど、すぐれた騎士たちはいずれもLである。
 そして仲間になる顔キャラがいずれも肉弾系ばかりということ。最初に仲間になる魔法使い系及び女性の顔ユニットはオリビア。なんとチャプター4まで、肉弾戦に富む男ユニットばかりが入る。
 あと前やったテラーナイトしばり。結局弓と指輪しか使ってなかった。
 ここから導き出されるコンセプトは、もうこれしかあるまい。

・直接攻撃のみ
 弓、魔法を禁止。敵にダメージを与えるアイテム使用(指輪、杖、オーブなど)禁止。
・デニムの職業
 デニムの職業はクラスチェンジ可能になりしだいナイトになり、以降はチェンジ禁止。…まあLなのでこれかビーストテイマーの2択みたいなものだが。
・使用ユニットはシナリオ上仲間になる男のみ
 シナリオ上のバトル(MVPが発生するマップ)では、シナリオ上仲間になったユニットしか使わない。また、あまり意味ないが、以前ハーレムをやったので今回は女ユニット使用禁止。
・新規雇用、トレーニング、ランダムマップで経験値を得たユニットは本編使用禁止
 雇用、トレーニング、ランダムマップ自体は、オークションが使いたいので禁止しない。ただしこれらのユニットは区別し、シナリオ本編でのバトルでは使用してはいけない。
・死者Q禁止
 そもそも本プレイで死者Qをもぐるのは相当な難度だろうのでやめておく。ただしオクシオーヌは仲間にした。


○ユニット
・デニム
 初期AGLは32。レベル7以降ずっとナイトで育てたので、2章が終わるまでくらいは素早く強い、かなり強力なユニットだったが、その後は「避けず飛べないカノープス」みたいな感じに。それでも最後まで凶悪な攻撃力に翳りはなかったが。

・キンバリー 風N
 ロンウェーに貰ったソルジャー1号。ニンジャで育て、サイドからヤリで貫く仕事につかせた。防御力が低くてなかされることもあったが、キュア系アイテム2個もちでマップを駆けずり回った回復役な印象がある。2章半ば、ビーストテイマーで鞭を持たせたときの強さが記憶に残る。

・ラインハルト 炎N
 属性がジュヌーンとかぶっているので使えないと思っていたが、攻撃力が尋常でなくのび、STRだけならジュヌーンに匹敵するレベルだった。ドラグーンにして火竜の剣を持たせたときの攻撃力はまさにドラゴンキラー。バハムートをやすやす殴り殺していた。

・ラット 大地L
 もともとLは使えないアライメントなため、時にニンジャ、時にビーストテイマーで盾と、何でも屋を引き受けた。最終的には打たれ弱いビーストテイマーというどうしようもない状況になり脱落。大地でLってプレザンスとかぶってるからなぁ。

・ピット 水C
 テラーナイトとして働いてもらうため、常にニンジャ、暇さえあれば殺害数+カードを稼いでいた。そうでなくても水ユニットはガンプがくるまで彼一人なので、水マップでは非常に頑張ってくれた。
 手をかけた分強くなるのがこのゲームのいいところ。アクアハンマーを取るころには最強のユニットとなっていた。

・カノープス
 言わずもがなの中心戦力。離れた位置からまともなダメージを与えられるのは彼のスペシャルしかない。

・ヴォルテール
 いちおう火属性で火竜の剣を持たせればラットよりは使えるものの、ドラグーンになれないため一気に役立たず化。途中から盾ばかりもって壁に徹していた気が。

・プレザンス
 能力値は高いがいかんせんLユニット。序盤はニンジャ一本で、回復の杖と浄化の杖二刀流で、回復役兼戦力として頑張っていた。最終的には誰より素早くなったので、浄化の杖での回復に徹していた。とはいえ守備力が低すぎるので、最高レベルが30に達し次第ガンプと変わったが。

・50 51
 1章の段階でショップで雇い、クレ法でレベル50にした二人。片方はランダムマップでLUK57に。主に埋もれた財宝の発掘や、オークション用のLの的になってもらった。

・ザパン
 貴重なCユニット。ピット同様大切に育てたが、さすがに力のカードをとりまくったピットよりは弱かった。とはいえテラーナイトはそれだけでありがたいが。

・ジュヌーン
 恐るべき攻撃力を誇るユニット。炎属性というだけで、こちらが暇なユニットによく使わせたプレイゾショネルの恩恵を受けられ、マップにもよるが非常に強かった。

・ミルディン
 炎属性でプレイゾショネルの恩恵を受けられ、素早い。破魔の盾を持たせたので防御も完璧と恐ろしいユニット。とはいえ、ほとんど盾で終わってしまった気もするが。彼の回避率がなければ攻略できたかどうか。

・ギルダス
 いわずとしれた肉弾系最強の男。あれだけ頑張って育てたピットと、恐怖に弱いという欠点こそあれ同等の攻撃力を有したのは素晴らしいの一言。いや強かった。同じ大地属性のヴァイスをひいきしたので武器には恵まれなかったが、それでもイセベルク一本でジュヌーンの出番をなくすくらい強かった。

・ヴァイス
 総合性能ならギルダスさんを超えるはずの男。大地属性でかぶっていたが、金剛刀やファランクス等の武器はこちらを優先して持たせた。とはいえダブルアタックに期待しすぎて反撃でよく死んだ覚えがあるが。

・ハボリム
 能力値はいいのだがクラスチェンジできないと言うのが残念。防御力が低いのでミルディンの代わりになれないし、ニンジャになれないのでプレザンスの代わりになれない。炎属性なのでプレイゾショネルのマップでは出すつもりだったが、そのころにはレベルが低く、結局一度も登板できなかった。

・レンドル
 は? だれ?

・ガンプ
 二人目の水属性ユニット。能力値は中途半端だが、防御力がなかなかなのでプレザンスの打たれ弱さが限界にきしだい交代した。水属性で武器も溢れてたしね。

次回>

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 雨が降っても空を見る All Rights Reserved.