TOやりこみ カオスプレイ ラスト

タクティクスオウガタクティクスオウガ
(1997/09/25)
PlayStation

商品詳細を見る



やりこみレポート 4章


・バハンナ高原
トレーニングをしていないと、フィダックのオズ、オズマ戦より手こずることで有名なマップ。フィダック二連戦で乱れたパーティの平均レベルと、弓、魔法連発+回復3人編成+遠距離戦に向いた地形という、最強戦術を敵にとってもっとも扱いやすい条件が揃っているのが理由。
当然本プレイでも恐ろしく手こずらされる。せっかくの恐怖効果も接近できなければ意味がない。正面を向いての戦いとなるので、そろそろ際立ってきた本重量部隊のAGLの低さ。つまり命中率のなさが問題となる。
ネーナさんをアーチャーにもどして、属性弓によるウラム集中攻撃も行ったが、どうしても1発たりない。炎のオーブ3つもちをおとりにしたりと策を練ったが、どうしてもたりない。
しかたないので真っ向勝負。マップ端っこに寄ってウラムの攻撃を流しつつ、川を越えてくる連中を集中的に倒していく。アーチャー、ニンジャを片付け終わったら、マーシーレインで回復させて、それからマップを川を越えていく。接近戦にさえ持ち込めば、怖いものは何もない。

・フィダック城南
封魔の首飾りがほしいのでこちらから。
またアーチャーが怖いものの、前マップに比べれば超がつくほど楽。グレムリンとワープシューズユニットなら、一気に高台へ駆け上がれる。あとはディープキッスで固めるなり倒すなり。
あまりにも楽なので、クリア目前で一端リセット。デルポイ君を出撃させ、敵を全員倒してもらった。計10体。これでティアマット条件は揃ったはず。

・ヘドン山
レベルの高いデルポイ君あお留守番。
移動の困難な地形と、ボスの装備するペトロクラウドのコンボがさりげなくキツい。ワープシューズを持ったデニムに、デゼールブレードと浄化の杖を持たせて対処する。実は初期位置で待っていれば、ボス以外の敵がみんな向かってくるので、楽に倒すことは可能。

・バンハムーバ砦
苦手とする開幕オーブが辛いものの、すでにマーシーレインが13マスに広がっているため問題はない。WTをそろえて、オーブ→マジックペースト→マーシーレインと行けるようにしたら、あとは向かってくる雑魚たちを処理していく。
高台に上ったベネディクトの弓が恐ろしく強い。1発でナイトだろうがドラグーンだろうが、HPの7割を持っていく。
 一番苦労したのは、投石一発で30くらうシェリーを、ワードオブペインにおびえながらHP削りしたときかも。

 ここからいよいよ王女救出戦。そのまえにテレポート……じゃなくてシェリー姉さんを回収するとして。
 こっちのレベルももう24。そろそろよい塩梅である。これから激戦必至のマップを迎えるにあたって、もうひとり仲間を加えようと思う。
 そんなわけでデネブ姉さんを加えに。すでにキュアエキス+ペーストで200ちかく買い物をしているため、あとキュアペースト50で済む。
 こうしてザパンとたった2人しか居ない顔Cユニット、デネブ姉さんが仲間に。能力的にはたいしたことないながら、大多数の魔法が行使可能な彼女。かならずや今後の戦いを有利に導いてくれるはず。
 ……至福の聖石は持たせるけどさ。

・ランベスの丘
 パジョーの弓による魔法系一発死に定評のあるマップ。なので残念ですがブレイクと、仲間になったばかりのデネブさんはお留守番です。
 パジョーはN。そんなにではないものの、恐怖が通るので、囲んでしまえば自慢の弓も怖くない。

・バーニシア城1
 さあ来た3連戦。とはいえこのマップはそんなにきつくない。各人階段へ向かってゆっくり進軍すれば、敵は勝手にタールに足をとられてばらけるので、各個撃破していけばよい。
 せっかくなので封魔の首飾りをつけたベネディクトで、さらに混乱させてみる。彼の素早さなら敵の攻撃は正面からならほぼ避ける。さらにタールのせいで、敵に側面へ回られる危険も非常に少ない。ひとりだけ初期位置からまっすぐタール山を登って、門の上へ。やられたらキュアペーストで直し、あとは弓の悪魔と貸す。
 ここの試合で、ついにデルポイ君がティアマットにチェンジ可能に。

・バーニシア城2
 恐怖が通らないうえ、最高のバカ力であるバルバスは強敵。何度かやってもすぐ追いつかれ、「騎士は剣で戦えということだなっ!」で有名なハンマーに殴られてしまうので、もうリムファイアーはあきらめて、1階にきたところをたこなぐりしようかと思った。
 のだが、そのまえの1プレイでバルバスのアホが炸裂。徒歩では進軍できない左側へ、ベネディクト1をやったところ、WT的に彼の次に行動するバカバスがつられて左へ移動したのだ。
 これはチャンス。アホが飛行ユニットにつられている隙に、全軍右へ移動。ぞろぞろやってくるやつらを各個撃破していく。段差の大きいバーニシア城中庭は、飛行ユニットなら地面をあるくバルバスに追いつかれることはない。
 こうしてしっかり片付けたあと、ベネディクトは門の上へ。ようやく手が届かないと悟ったアホをおびき寄せて、タールの上で殴り倒す。

・バーニシア城3
 拍子抜けに近い楽勝試合だった。
 封魔をつけたベネディクトを、階段横のホールへ。敵がおびき寄せられてびゅんびゅんやってくる。
 ここにネーナと、そしていよいよ参入したデネブさんでスタンスローター+チャーム。なぜか異様なほどホールに固まった雑魚は無力化する。あとはブレイクとまたもデネブさんの魔法で焼いていけば良い。
 しかしこのマップにおける雑魚などまさに雑魚でしかない。本戦、ランスロット狩りがまっている。
 まずは規定どおり、闇のオーブを装備したグアチャロで階下へおびき寄せ、廊下への道をネーナでふさぐ。これでカチュアに邪魔されることはない……。
 と、おびき寄せたときあることに気付く。ダメージが異様に少ないのだ。
 よく考えればこちらはテラー4体ティアマット1体で5重の恐怖効果。全部重ねれば某覇王を凌ぐ恐怖効果である。
 ためしに全員で囲ってみると、ランスたんの腕力はもう50ダメージを切るほど。じゃあ殴り返せば、一発で150に達する。
 OK、囲んだところでデニムを向かわせサイドからずしゃー。202ダメージ。ランス速攻撤退。
 あまりの恐怖に、おそれず戦っていた部下に怒鳴り散らすランスたんでしたとさ。

 カチュアはせっかく助けたので生かしておくことに。
 さて、ここからしばらく本筋を離れ、禁呪探索に向かう。ぶっちゃけシェリーを入れたのはこのためである。
 まずはコリタニ、バンハムーバ神殿へ。使わない4姉妹をシャーマンにチェンジさせる。


・ダムサ砦
敵弓使いがもっとも生きてくる地形とあって難所マップと知られるが、今回は一番楽。
敵は弓使いの数が少なく、その他も凡庸な構成。しかもボスがLなうえ直接攻撃してくる。
できれば全員倒したかったが、固まってあがっていくと勝手に突っ込んできたボスが恐怖したあげく、反撃で瞬殺されてしまった。

・ハーネラの神殿
ゴーレム、ドラゴン、ウインドショットを持たない鳥と、一番どうしようもない構成になっているマップ。風のオーブを封じる方法もあったが、面倒なので使わせてからマーシーレインで回復させつつ進軍した。
正直、カード回収マップという印象が強い。

・ボード砦
開幕炎のオーブ、ホークマンばっかり、超高低差と、かなり面倒な要素が揃っている。
とにかく開幕炎のオーブ→弓による即死は防ぎようがないので、WTを調整してオーブ後すぐにマーシーレインを使えるようにする。その後は、弓を使ってくるやつを固めつつバトル。近づいてくるやつは、接近戦なら雑魚なので問題なし。
ボスが盾の力でけっこう硬いが、炎の盾は炎の武器を防げないため、囲んでしまえばなんとかなる。

・ゾショネルの神殿
3体のクリムゾンノートが恐ろしいマップ。神殿中一番難易度が高い気がしたが、よりによってデニム、グアチャロ、アーバインの3人だけレベルが低かったので、3人でクリアしようと思ってしまった。
全員水のオーブ2つ。キュアエキスと、アースワンド、アクアハンマー、大地の指環、回復の杖を持たせる。
これで敵を麻痺させつつじっくり倒していく。幸いフェニックスは、攻撃力こそ鬼なもののかなり柔らかい。アクアハンマーでボコればなんとかなるし、アースワンドがさりげなく攻撃力が高い。
なんどかリセットしたが3人でクリアした。
そしてここで禁呪、スーパーノヴァを入手。今回のプレイは竜言語、ペトロ、召喚魔法を禁じただけで、禁呪は禁じてない。
敵味方フルボッコのこの魔法。まさにカオスプレイにふさわしい。さっそくデネブ姉さんに装備させた。

・グリムスビーの町
忘れてた。レンドルを助けないと。
マルティム君は団長に比べると能力的にはどうしようもない男だが、アライメントがCなため恐怖に強く、真っ向勝負の鬼神となる。唯一の救いはフローヴェノムが毒付加だけと大したことない点か。
デルポイに炎のオーブを3つ持たせて相手させる。他はまわりの雑魚から、優秀なトレジャーを奪っていく。とくにやっとでた土属性武器、金剛刀は欲しい。
ちょっとブレイクが狙われる難があったものの、サクッと片付け、最後はマルティムに集中砲火を浴びせて終了。

・ゲッコー砦
さあ厄介なコマンドもいないことだし、スーパーノヴァの力を試してみよう。
一発使ってみると、その破壊力には驚愕。平気で敵味方のHPを100~150持って行く。さすがですデネブ姉さん。さりげに封魔効果は受けておりベネディクトには通じないのも大きい。
楽しくなったので2連発したら、ブレイクとネーナが死ぬというミスも犯したが、その後は向かってくるボスをサクッと倒した。

・バーザの神殿
調子にのってスーパーノヴァを使ったところ、敵のオーブでブレイクとネーナが……。失敗失敗。
しかしこの敵との距離が遠いマップ。やはり使いたい。スーパーノヴァ→マーシーレイン→オーブとつながるようにWTを調節する。
あとは弱った敵を順次カードにかえればいい。

・ゲルド砦
全員アンデッド、凶悪ボスと、4砦中災難関と有名な場所。しかもCばっかで死者Qにも潜ってないこっちには、敵を倒す手段がない。
とりあえず敵と離れているため開幕スーパーノヴァ。さきほどの調整の結果ですぐマーシーレインで回復する。
そして総力戦である。幸い敵は能力値は弱いため、スーパーノヴァ後なら全員一撃で崩れる。このすきにボスへと寄っていく。ノヴァはゾンビーズにディープキッスしまくり。石に変えていく。
フェンリルはなるべく固まって食らえば怖くない。ボスは炎属性にとんでもなく耐性があるため、スーパーノヴァが聞いていないものの、防御力自体は低い。

・グルーザの神殿
 ちょっとウインドショットが怖いものの、対したことない。迷わずスーパーノヴァ。すぐマーシーレインで回復させ、あとは敵を待ち受ける。
 デスバハムートなど火竜の剣の良い餌である。

これで4種盾と禁呪をゲット。まあ使うのはスーパーノヴァだけだけどさ。
本筋に戻る。

・ヨルオムザ峡谷
スタノスカが水のオーブを使うのを忘れていた。スーパーノヴァ→水のオーブでブレイクが逝去し慌ててリセット。
落ち着いてやり直し、スタノスカが川に入ったところで総攻撃。さらっと勝負をきめた。

・ウェアラムの町
今回たびたびある奇跡のマップ。
ボスを倒すだけなら非常に楽なのだが、奥のクレリックが持つ腐りかけた果実と、できればウイングブーツを持つナイトは3人とも倒しておきたい。
まずはスーパーノヴァを使う戦術を考えるものの、使ったあと弓乱射を食うとどうしてもブレイクが逝く。仕方ないのでデネブさんには自重してもらうことに。
ベネディクトは空を飛ばせ、他はまっすぐ階段を上がっていく。入り組んだ街のせいでベネディクトには弓攻撃しか届かないし、彼は避ける。あとはボスが自殺しないうちにクレリックを倒すだけ……。
とここで奇跡が。サイドから命中31%の攻撃がベネディクトをとらえる。これだけならいいのだが……。
まっすぐ寄ってきたドラグーンが、正面からHP36の彼に攻撃。命中率は1%。なんとこれが当たり、ベネディクト君逝去してしまう。バカな!
その後はまた同じ方法で攻略すれば、そもそも31%の弓を受けることもなかったが……1%があたるってヘコむなぁ。
さらにこのあと奇跡。ナイトがひとり、ウイングブーツを落としてくれた。

ウェアラムについたので、やっとでたデボルド、アーバインの最強装備、地竜の戦斧を2つ仕入れる。

・ハイム1
正面口から挑戦。
アーチャーは無視して全員で階段へ。もちろん開幕スーパーノヴァも使う。あとはマーシーレインでゆっくり回復させつつ、敵を削っていけば良い。力対力の戦いなら、こちらが有利である。

・ハイム2
敵との距離が遠い。ということは、開幕スーパーノヴァのチャンスだ。ベネディクトとワープ、ウイングブーツを履いたブレイク、デネブは堀の上へ。残りは全員初期位置で待機。
ボスがやってくるころには、敵はほとんどぼろぼろの状態。
最後はまずデルポイ君が腐りかけた果実で全員を回復。その後彼も回復させ、全員HPマックスの状態で片付けた。

・ハイム3
敵と距離があるため、スーパーノヴァを使えば雑魚は簡単に散らせるものの、その後アホみたいに出てくるエンジェルナイトと戦えないのに気付いた。とくにベネディクト。マジで光のオーブを食らうと、HPは1桁しか残らない。
仕方ないので真っ向勝負。こっちはCだらけなので、テラーナイトは怖くない。ただし彼らは倒すと天使がでてくるので倒さない。
ワープ、ウイングを持たせたネーナとデネブをサイドへ。集まったテラーを、スタンスローターで一網打尽に。後ろのセイレーンもエイクオブソーンで固める。
ブランタはまあ適当に。


・空中庭園
 基本的にはエクオブソーンとテレポートで何とかなる。最短コースで向かい、途中で1度、腐りかけの果実を使用。

・空中庭園18階
 全快状態で挑戦。ここさえ終われば自動的に回復してくれるので、まずは開幕スーパーノヴァ。突っ込んでくるアンドラスは、恐怖で弱らせてフルボッコ。

・空中庭園地下1階
 避けたかったアンデッド戦。デニム、ベネディクト、ブレイク、デネブの4人で挑戦。
 デニムは門の下1マスへ。ほか3人は門の上へ移動。スタンスローターでウィザードを凍らせれば、門の上は安全地帯となる。
 あとは敵を適度に弱らせていき、魔法で一掃。

・空中庭園地下2階
 弱ってるデニムを回復させたら、適当に切り崩すだけでOK。これが最後の機会だとスーパーノヴァを使用。
 他が30で安定してるのに、デネブさん一人だけ31、MVPで32に。ちょっとびびったが、あんまり関係なかった。

・封印の間
 なにげに苦戦するマップ。やはり肉弾系に鉤ってテンプルコマンドは強い。
 なんとかデニムを逃がしつつ、マルティムに集中攻撃。バルバスは行動直後にスロームーブで固め、弱らせる。直後に腐りかけの果実で回復。使ったデルポイも回復させて、ベネディクトの弓で仕留めた。

・封印の間2
 じっくり戦える分、コマンド2人より即死率は低い。最後なので防御の心配なベネディクトやブレイクには至福の聖石も持たせる。
 やはり攻撃の要はベネディクト。ほかはパパを押さえ込むだけの肉壁と化す。反撃が怖いので、光のオーブや首飾りを装備。雑魚は無視。
 何とか肉壁の耐久力が競り勝った。


 かくしてベネディクトと愉快な肉壁たち……ちがう。テラーナイト軍団の戦いは終わった。
 終わってみればテラーナイトたちは全然活躍せず、やったことと言えば敵をおびき寄せたり、大地の指輪で敵を固めるだけ。まあランスロットをはじめ、Lユニットの弱体化には役立ったけどさ。
 ……結局タクティクスオウガは弓と魔法のゲームだと分かった。


コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 雨が降っても空を見る All Rights Reserved.