fc2ブログ

FE聖戦3バカ縛り 序章、1章

ファイアーエムブレム 聖戦の系譜ファイアーエムブレム 聖戦の系譜
(1996/05/14)
SUPER FAMICOM

商品詳細を見る



3バカ縛りプレイ。

今回から攻略に移る。今回は序章と1章。

・序章
 かなり運任せのマップ。どれだけ敵の攻撃を避けられるかにかかっているし、どれだけ上手い具合に成長してくれるかに掛かっている。

 敵軍は全員エバンス兵なため、途中のユングヴィ城は制圧しても消えてくれない。雑魚を全員倒す必要がある。必然的にレベルもたくさんあがってしまうのだが、闘技場がないため乱数を調整できない。聖戦最強の敵といわれる乱数調節がしにくいのである。
 リセットを駆使し、3人でこまめに攻撃順をまわして、出来る限り良い成長率を選び抜く必要がある。

 攻略としては、3ターン目まで現れる援軍たちは、キュアンらは本城。レックスらは敵に狙われないようはしっこのほうに隠れる。アーダンは本城に待機して歩いてくる敵を倒していく。武器相性の問題で敵の攻撃命中率は15%。ほぼ当たらないので大丈夫。
 アレク、ノイッシュは村を回っていく。北2つの村を襲う盗賊を倒したら、残る3つは分かれる。ダメージの薄いほうを北西、多いほうは南西へ向かいつつ、教会で回復させる。1回でもノイッシュが必殺を出せば間に合う。

 盗賊さえ全員片付けたら、もう恐れるものはない。アーダンともども全速力で本城に戻り、ゆっくり敵を倒していく。乱数調整して、アーダンの技、アレクの力だけは気を使ってやる必要あり。正直これが一番しんどい。

 だいたい終わったら武器を修理して、ユングヴィを開放。このころにはレベルがかなり高くなっているので、エバンスの雑魚も楽勝。さらにユングヴィ付近にシグルドを置いておくと、出てきたアルヴィスがガンガン敵を食っていく。
 銀の剣はちゃんと入手。スピードリングはアーダンに。
 成長が足りないと、ここでゲラルド相手に倒せなくて苦労するという珍しい事態に陥る。そうなったら最初から。

・1章
 まずは闘技場を勝ち抜く。もうだいぶ強いので、アーダンでもかなりイケるはず。エスリン姐さんには壊れた鉄の剣を持たせて、延々ぼっこぼこにされてもらい乱数を操作。可哀想に。またシグルド様も闘技場だけは可能。彼は育ててもあまり意味がないが、メティオの攻撃対象に入らないようにする必要がある。とにかく守備力と魔法防御だけはあがるように。
 勝ち抜き成功したら進軍開始。アレク、ノイッシュに鋼の剣と手槍、鉄の槍。アーダンは細身の剣を持たせる。

 キンボイス隊はアーダンに任せる。本城に待機させてやってくるのを待つ。アレク、ノイッシュはエーディンたちの救出に向かい、村を襲う盗賊と追撃隊を倒す。
 盗賊さえなんとかすれば、あとは焦ることはない。教会で回復させつつ、キンボイス隊を処理していく。

 ただしこのあと、2章が鬼門なので、鋼の剣と鉄の槍、手槍を☆100にしておく。キンボイス隊はなんとレベルが1。こっちのレベルアップは望めないが、計300人倒せばさすがにレベルは15近くなる。
 ちなみにこの後分かるのだが、鉄の槍を鍛える必要はなかった。
 続いてアイラの説得。アレクにじゅう~~~ぶんに西へ誘導してもらう。ボスを倒すのは必殺まかせだが、☆100鉄のやりならまず2ターンで倒せるのでそう逃げ回る時間はいらない。そのままアイラ説得。

 お次はマーファ城攻略。ただし2章のために、経験値はアレクに集めておく。とくに素早さと力が大事なので乱数も調整。スキルリングは誰でもいいので、ガンドルフ分の経験値のためアレクに。

 お次はジャムカ説得。3バカはいずれも森にはいると全然歩けなくなるので、城におびき出す。城にはエーディンを置いておけば、敵の攻撃はほぼ無効化できる。サイドから来るジャムカの攻撃も、エーディンだけは攻撃されないし。
 ジャムカも説得したら、あとはのーんびりヴェルダン攻め。城のまわりは弓持ちばかりなので、アレク、ノイッシュは手槍をもたせれば、攻撃は間接手段のないアーダンに集中する。フェンリルは怖いが乱数調整すればかわせるし。ボスも恐れるまでもない。この時点でアレクがレベル18後半になってればOK。

 終わったらシグルド様を呼び寄せる。そして運命の出会い。サンディマ狩り後なので出会いの台詞が代わり、後々の展開がいくらか明かされることに。ディアドラさん、自分にロプトの血が流れてるの知ってたんスね。
 勇者の斧とりわすれた。

続きは次回

コメント

 
 あんたMブレマーだね。
>  あんたMブレマーだね。

3バカを愛するがゆえいたぶりたい。
そういう意味ではSブレマーといえるかもしれない。
意味が分からない?
自分でもよく分からない。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © 雨が降っても空を見る All Rights Reserved.