映画感想 ドラえもん のび太の新大魔境

ネタバレ注意



 大魔境のリメイク。
 ここで大魔境がくるとは思わなかった。


 さて当リメイク。
 旧作ファンのツボを押さえつつ新しさのある、
 リメイクとして非常に理想的な作りとなっている。
 ここまでのリメイクでは一番といっていい。

 前半の流れは旧版とほぼまったく同じ。
 ペコとの関係に少しだけ「のび太とペット」を交えている程度である。
 もちろんペコはただのペットにはなりえないし、
 最初からそれがあらわされているのも同じ。
 なので「ペットとの交流」要素は少ない。

 ジャングルで本格的な探検が始まったあとが
 全体的にパワーアップされている。
 これは本当にうれしい。
 ジャイアンとペコが友情を築くシーンは、
 重要なのに旧作ではあっさりながされており、
 今回は無駄に抒情的にするかと思ったが、
 今回もちゃんとさらっと、でも演出はより効果的に消化されている。
 ドラえもんらしさ、藤子先生らしさを
 しっかりリスペクトした純正パワーアップである。

 またそのあとの冒険シーン。
 ジャイアンの活躍が増量されているのが大きい。
 本作は珍しいジャイアン活躍作品なのだが、
 ここまで明確に男気を見せてくれると
 ドラえもんには珍しい「カッコよさ」まで見えてくる。
 またその直後にスネ夫もさらっと活躍している。
 あくまでヘタレ、嫌なやつキャラのまま活躍する。
 扱いの難しいスネ夫を、よくぞ活かしてくれたというところ。


 あえて不満点をあげるとすれば、
 どこでもドアの破壊が
「ワニに食われる」から「神成さんに壊される」に変更されたことか。
 今回のほうが現実味はあるが、
 個人的には前回のワニに食われる流れのほうが好きだった。


 日本誕生での秘密道具、電車ごっこなどニヤリ要素も交えつつ、
 ペコが正体を現してからは、ほぼ旧作と同じ流れ。
 絵柄だけがパワーアップしている。
 ここは前後半の切り替えが唐突すぎる。という欠点まで
 引き継いでしまっているのは残念だが、
 とくに不満というほどでもない。

 最近よかったゲスト声優がイマイチなのは残念。
 今回はCowcowだそうだ。
 やっぱり芸人枠はハマる人とハマらない人の差が激しい。
 だが前作同様あくまでわき役なので気にはならない。



 旧作にはなかったのび太とペコの関係。
 2人が「ペットと飼い主」から「友人」になったシーンが
 追加されている、
 戦車もいい感じにリメイクされている。
 ジャイアンが男気を見せる名シーンも
 いくつかの改良がありいい感じ。
 やはり終盤の「置いてきたドラえもん道具復活」の流れはいい。
 地味に前作はなかった「のび太有能化」も果たされている。
 巨神像復活のあたりでややもたつくが、
 その後、巨神像大暴れシーンのパワーアップっぷりはすごい。
 最後のシーンも若干小宇宙戦争を感じる。

 最後の最後にしずかちゃんのサービスシーンが用意されてるあたり、
 かなり旧作を意識してるのが分かるし、
 最後までペコとのび太、そしてジャイアンとの友情を忘れない。
 大長編ドラえもんにおける「冒険」の大切さを忘れないラストなど、
 痒いところに手が届く作り。

 ついにリメイクではあるけど、
 原作を超えるといっていい一作の登場となった。



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 雨が降っても空を見る All Rights Reserved.