大津のイジメ問題


いま世を騒がせてて
騒がせてるわりにマスコミがスルーしがちな、
滋賀の大津のイジメ事件。

あれって自殺した子は一度教師に相談してて、
その場では
「イジメではなくケンカ」ってことで
喧嘩両成敗のかたちで終わったことがあるのな。

教師からすればそれが形のいい解決らしい。
「イジメ」は教師の責任になるが、
「ケンカ」は子供だからよくあることだから。


実は俺も昔、ちょっとちがうが
考えてみればリンチなのに
教師の采配で喧嘩両成敗で終わったことがある。
中学のころ、悪いグループに目をつけられて
マラソン大会の最中に突然襲われ
話がこじれて8対1でボコボコにされた。
そのときも最終的には喧嘩両成敗ということで
終わったのだが、
あれってひょっとして教師に騙されたのか?

まあ俺の場合、
こっちも怪我させられたものの
相手数人の骨を折ったし、
相手には流れで入ってきただけで
普段は仲のよかったやつもいるしで
当時は両成敗で納得したのだが……。
なんか今になってモヤモヤするな。


あと今回のイジメ事件の感想だけど、
いまこれを読んでてイジメられてる子。
絶対に自殺は考えないように。
(18禁しか書いてない作家のブログを
 学生で読んでる奴は少ないと思うが)
大津の子には悪いが、
自殺したって加害者は反省しないし、
最高でも与えられる刑は退学、
もしくは賠償まで。
命1個使うには効果が低すぎて損だぞ。

自殺するくらいなら最悪学校やめたほうがマシ。
でなくても報復の手段は色々ある。
いまは携帯があるんだから会話を録音して
警察に訴えるとか。
イジメっ子に復讐するなら
生きてるほうがいくらでも手段は広がるし
やりようもあるってもんだ。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 雨が降っても空を見る All Rights Reserved.