夢診断

前にも言ったことあるけど、半年に一度くらい、長い夢を見て
その内容を全部覚えてることがある。
今日も見た。
こんな感じである。

なお毎度のことながら、内容は完全に意味不明なので
読んでも俺以外は面白くないと思います。



俺はボウリングをしている。
理由は不明。かなりボウリング場は
最初3レーンしかなかったのだが、
いつのまにかものすごく広くなっていた。

不思議なのは使うボールで
妙にでかくてぶよぶよしていた。
こいつが生きているのか、投げても投げても
絶対にガーターになる。
ちなみに俺はストライクが出ないほうが珍しいという
ボウリングの達人なのだが、
このぶよぶよボールのせいでガーターばっかり。
むかつく。

競っているのは幼なじみ。
こいつらが下手なくせにやたらと生意気で、
やたらと俺を挑発してくる。むかつく。
全体的に下手なのだが、
俺は全部ガーターだから負けてるのだ。

で、延々勝負を続けた結果、
俺はぶよぶよボールでもストライクをとるコツをつかみ、
ストライクを連発するようになった。

ところがそこで俺はふと気付く。
現実の俺はアベレージ100くらいで(事実)
ストライクなんてそうそう取れないと。

思った途端、なんとボールが出てこなくなった。
あの投げたやつが戻ってくるところね。
ぶよぶよしてるせいで、中で詰ってしまったらしい。

俺はなぜかアレの中へ入っていくことに。
なぜか入れた。
なかは色々な歯車がぎゅるぎゅるしてる世界。

そこには蒼星石が待っていて、
俺をゴールまで案内してくれるという。
……ゴール? 俺はボールがほしいだけなんだが。
でも俺はゴール目指していくことになった。

とそこで場面変更。またボウリング場に戻った。
なぜかやっているゲームは「ただピンを倒せば勝ち」というものらしく
俺はがんがん倒していく。
でも最初に出遅れたのが響いて
結局みんなには勝てず、俺はひとりで家に帰った。
そこで目が覚めた。



いつものことながら思い出すと面白い。
面白いんだが……。
……蒼星石も持って帰ればよかったのに。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 雨が降っても空を見る All Rights Reserved.