実際のジャンルは知らないけど

ドラえもんはSFだと思う。

今日は20年ぶりくらいに、映画、海底鬼岩城を見てみた。
いま見ると途中海底人の登場から、
ラスボスであるポセイドンとの対決。
そのあっけない幕切れなど、ややストーリー展開が荒いが

そこに至るまでの海底冒険譚には、
なんともいえないロマンが満ちている。
むかしこれを見たときは、
なんともいえない超未来的なドキドキを感じたものだ。

ドラえもんという超ご都合主義な存在がいながら、
肉付けされた作品には、全編にマニアックな科学知識がちりばめられている。
今の子供たちだって、これを見たら
きっと知的探究心を刺激されると思う。
将来科学者を目指す子供が出てくると思う。

ドラえもんはSFだと思う。
少なくともSFがもたらす、
未来への希望や夢がたくさんつまっていると、
この年になってやっと知った

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 雨が降っても空を見る All Rights Reserved.